心理学を学んで占い師を目指してみよう

占い師としての働き方をご紹介

カウンセリング能力を身に着けて占い師に!

悩みを抱えているけれど人に相談しづらいという時、占いに頼ることで救われることがあります。 そのような体験をしたら、自分も占い師になって人を救いたいと考えるかもしれません。 占いが好きなので、占い師になりたいという人もいるでしょう。 では、占い師になるにはどういったことが必要なのでしょうか。 ...続きはコチラ

相手から信頼されるために

占いの冒頭で「人間関係に悩みがある」、「○○が苦手でしょう」等言い当てられた経験はありませんか? この占い師は信頼できると感じるでしょうが、実は誰にでも当てはまることを言っています。 ですがこのおかげで相談者は占い師を信頼し、より満足のいく結果が出ます。 心理学の知識があればこういった技がえるのです。 ...続きはコチラ

初心者でも安心!学校で知識を身に着けよう

心理学の知識は、大学や専門学校で学ぶことができます。 中には、占いと心理学を同時に学べるカリキュラムを備えた学校も存在しています。 学校に通う余裕がない人は、通信教育を利用するという選択肢もあります。 初心者でも、占い師になるための知識をしっかり学べるのです。 ...続きはコチラ

占い師に必要なこと

占い師は、生まれつき特別な能力を備えている人がなるもの、いうイメージがあるかもしれません。
例えば、人一倍勘が鋭いとか、霊感を持っているといった人です。

しかし、それだけでは占い師として活躍するのは難しいかもしれません。
なぜなら、占いでは相談者の本音を引き出してあげることが重要だからです。
スピリチュアルな能力を持っていたからと言って、そういったことが得意とは限りませんよね。

そこで役に立つのがカウンセリング能力です。
カウンセリング能力があれば、悩みや不安を抱えた相談者が相談しやすい雰囲気を作るにはどうしたら良いか、ということがわかるでしょう。
また、相手の表情などからも、本音を探ることができるかもしれません。
カウンセリング能力というのは、心理カウンセラーなどに必要とされるものです。
心理カウンセラーは、相談者の悩みや不安に対する答えを見つけるための手伝いをするのが仕事です。
しかし、心理カウンセリングは悩みや不安に対して、具体的な対処法を示してくれるものではありません。
一方占いは、具体的にどういった行動をとればいいかといったことを導き出してくれます。
つまり、悩みや不安に対して具体的な解決策を示してほしいという人には、占いが向いているのです。
心理カウンセリングの知識を持って占い師として活躍すれば、相談者に対してより適切な対応がとれることでしょう。
このサイトでは、心理カウンセリングの学び方や占い師になる方法などについてご説明します。