占い師としての働き方をご紹介

>

初心者でも安心!学校で知識を身に着けよう

生活スタイルや顧客との関係

占い師は、夜型の生活をしている人の方が多いです。
一般的に、相談者には昼間学校や仕事があるので、占いをしたいと思った場合夜に行うことが多いです。
そうなると、占い師が活躍するのも夜になってしまいます。
対面式のお店で夜は営業していないという場合なら、生活は昼型になります。
しかし、電話やメールで占いをしている場合は、どうしても夜型になってしまう傾向にあるのです。
しかし、臨機応変に働くことができる会社ならば、自分のスケジュールに合わせて相談を受け付けることができるため、私生活に影響が出るということもないでしょう。
一方で、顧客中心の生活をしている占い師もいるようです。
人気のあるベテラン占い師は、リピーターと連絡先を交換し、相手から連絡があればその都度対応をするので、休日も仕事をすることになるのです。
大変なようですが、リピーターは占い師の収入を支えてくれる存在でもあるため、サービスを徹底しているのです。

収入と副業・兼業

占い師の給料は出来高制で、たとえ会社に所属していても、個人事業主の扱いのことが多いようです。
そのため、どうしても収入には差が出てきてしまいます。
占いの相談料のうち数パーセントが占い師の取り分となるのです。
当然、人気の占い師ならそれだけ収入は多く、月収30万円ほど稼ぐ人もいます。
しかし、一般的には年収200万円前後というのが現実のようです。
そのため、占い師をしながら兼業で別の仕事をする人も多いです。
ちなみに、メールや電話で占いをする会社では、システム諸経費が会社負担となるため、占い師の取り分が少なくなってしまいます。
高収入を得たいなら、昼間は対面式、夜は電話やメールでの占いを行うという方法があります。
あるいは、昼間は他の仕事、夜は占い師をするといった働き方です。
自分が講師となり、占い教室を開いて安定的な収入を得ることもできます。
人によって働き方も収入も様々なのです。


この記事をシェアする